先日の6月19日、神戸みなとのもり公園にて、全日本フリースタイルスケート選手権近畿ブロック大会がありました。
この大会はいわゆる予選にあたるものです。

私、ヒロリンはこの度この近畿ブロック大会へ出場して参りました。
当日の天気は残念ながら雨。

20160619_000912142_iOS

場所柄、高架下をうまく使えば行えるため、大会は中止になること無く行われました。
近畿ブロック大会ではありますが、出場は特に地域の制限をしていないために各地の凄脚スケーターが集合しましたよ。
内容はスピードスラローム、フリースタイルスラロームの大きな二つに付随してそれぞれジュニア男子、女子、シニア男女で行われました。
最近はジュニアだった子も16歳以上になりシニアクラスに上がってきたのでレベルが非常に高いんです。

その他チャレンジクラスもあり、ここのローカルスケーターさんたちが参加をしていました。
いきなりワールドポイントの付く大会はビビるかもしれないけど、チャレンジクラスは特にポイントが付くわけでもなく、しかしちゃんと審査もしてくれて表彰もしてくれます。なのでいい感じのやる気を出してくれます。


ジュニアクラスは男子は名古屋、神戸、岡山のスケーターがそれぞれの練習成果を出し切りました。
特に岡山の柴垣大輝選手はやはり世界大会で入賞している実力派なのでこの大会でも非常に高い点数を出していました。
他、神戸、名古屋のそれぞれの選手も良い滑りを見せてくれまして、デッドヒートを繰り広げてくれました。

そしてジュニア女子。上位争いは岡山のALIVEの中での戦いとなりました。
その中で濱崎月華選手がこの戦いを制覇。さすがの滑りでした。この子たちがあと2年もすればどんどんシニアに来るんですよ~。
東京からもエントリーされていた姉妹選手も初出場ながらも高得点をだしていましたよ。

そしてシニア男女。もぉ私以外はいわゆるレベルAの方々なので当然ワールド順位で行くと私が最初に滑走です。(ランクの低い選手からの滑走です。フィギュアと同じかな?)
それまで雨も強く降ったりやんだり・・を繰り返していたのですが、いざその時間!アップも終わった!と言う時にまさかまさかの豪雨。でもこの一派が去ればあとは止むのではないかと言う予報により、1時間ほどお昼休憩・・・・。
なんつーか、出だしをくじかれたというか、早く終わらせて遊びたい私の気持ちなぞ誰が知るもんかと言うぐらいの・・いえ、そんなことは言いません。
長いお昼休憩となりましたので緊張も解け、お昼のパンをかじったり、もう出番の終わったジュニアの選手に構ってもらったり・・
うっかりくつろいでいましたら、あっという間に召集時間が来て、靴を再び履いて(くつろいでいましたので脱いでおりました)出陣です。
スタッフの皆さんが、水にぬれた足場を拭いてくれている間に我々はアップに入り、いよいよです。
ものすごーく緊張するかなと思っていたのですがこれが意外や意外、あんまり緊張は無く・・しかし最初の技であるスワンが決まらず・・・結構がっかりしながらも、でも意外に(取ってもらったのかは不明ですけれど)ワイパーも思ったより出来もよく、でもその後の事はあんまり覚えていなく・・無我夢中で滑りました。

滑り終わった後はほぼ放心状態・・でも上のクラスの皆さんの素晴らしい滑りを見ながら・・フリースタイルって奥の深い、そしてしっかりと競技として成り立ちつつある立派なものだなあと感じました。


そしてその後は時間を置いて、スピードスラローム競技に入りました。
今回は場所の関係でタイムは参考、順位だけでポイントとなりました。
レギュレーションの変更が大きすぎて普段の自分の0スタートが出来ていないぶりを如実に世間に見せつけてしまい恥ずかしい限り・・0スタートもやはりやるべきです。

いろいろ課題てんこ盛りのブロック大会ではありましたが、普段の練習を存分に披露できたかなと思っております。

淀川スケートクラブはトリックスラロームだけでは無く、フリースタイルスケートも行っています。
楽しくフリースタイルもやってみたいなあと言う方、是非足を運んでみてくださいね~。

(ヒロリン)